ご存知ですかりんご7976にふくまれる栄養と効能

りんごは一日一個で医者いらず、ということわざを聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。りんごは美味しいだけでなく、栄養豊富で健康に良い果物です。では、りんごの栄養にはどのようなものがあり、食べるとどのような効果が期待できるでしょうか。 まずはペクチン。これは天然の多糖類で、水溶性食物繊維です。コレステロールの吸収を抑える働きがあります。整腸作用もあり、便秘や下痢など腸の不調を改善する効果が期待できます。大腸がんの予防効果もあります。また、ビタミンやミネラルがバランスよく含まれていることも特徴のひとつです。抗酸化作用にすぐれ、体をさび付かせる酸化を防いで老化防止や美肌につながります。りんごポリフェノールは活性酵素を除去し、悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やす効果があります。脂肪を予防する作用があることもわかっています。 りんごを食べるときは、皮をむくことが多いでしょう。ですが実はポリフェノールは皮の部分に多く含まれています。よく洗ってまるかじりしてみるのもおすすめです。なお、「りんごは一日一個で医者いらず」はイギリスのウェールズ地方のことわざです。日本のりんごは大きいので、二分の一個でいいとか。適度な量を摂取して、健康な毎日を過ごしましょう。

りんご7976には4つの隠れたすごい健康パワーがあった

まず一つ目、りんごには食べて分かるように繊維が豊富です。りんごの食物繊維にはペクチンとゆう成分が含まれていて腸の中の善玉菌を増やす働きがあり、さらに悪玉菌をやっつける働きもあります。 二つ目は、カリウムです。身体の中のナトリウムを排出し血圧を下げる働きがあります。 三つ目はりんごに含まれる酸、リンゴ酸です。リンゴ酸はクエン酸サイクルを活発にすることで、疲労回復、肉体疲労を軽減してくれます。 四つ目はリンゴポリフェノールです。抗酸化作用があり癌や心筋梗塞、動脈硬化など様々な疫病を予防すると言われています。 リンゴは年中出回っているので気軽にリンゴパワーを手に入れることができます。